保湿がうまくできない!肌に浸透しないのは角質が原因かも!

現状は多くの女性の肌で短い周期のターンオーバーです。ターンオーバーが早いとなぜ悪いのか?ご説明します。

肌の生まれ変わりが早いと、新しい細胞がすぐに生まれ、未熟なまま押し上げられ、各層で働く事になります。十分な保湿力もなく、刺激にももろい細胞達が肌を守るのは困難です。また、未熟な細胞は肌から剥がれにくいという性質もあり、ゴワゴワした角質が肌表面に溜まってしまいます。その結果、乾燥やガサつきなどの肌トラブルが起こるのです。50代女性は、更年期真っ只中にいることが多く、心身ともに不調の多い状態。コラーゲンは20代の頃と比べて約半分にまで減り、当然肌のハリや潤いも失われます。肌の水分量が減るので、一年中乾燥を気にしなければなりません。保湿・保水の効果を高める為に、成分の浸透力が高い製品を選ぶとより効果的です。

目元・口元など、部分的な乾燥やシワが気になる人は、専用のケア用品を使用しましょう。なぜターンオーバーが早まってしまうのか、一つの要因として洗顔のやり過ぎが挙げられます。元々簡単に洗い流せる角質簡単に洗い流せるにも関わらず、洗顔に重点を置きすぎて、過剰にこすったり、成分の強い洗顔料を使用してしまうことが多々あります。角質は肌表面で皮膚を守るバリア機能を担っており、必要な角質や皮脂を残しておかないと、肌荒れが起きてしまうのです。30代のお肌は仕事や育児に追われ、負担の大きい30代。肌の老化を身にしみて感じます。新陳代謝の低下やコラーゲン減少により、肌の回復が遅くなります。20代は最低限のケアでも満足できるのですが、30代になると高機能化粧品やスペシャルケアが必要になってきます。美容液やパックと言った、部分ケアにも力を入れ始めましょう。自分のケアを振り返り、洗顔方法や化粧品を今一度見つめ直してみませんか?

何事もやり過ぎは禁物です。肌自体のバリア機能や免疫力を損なわないようなケアを行いたいですね。また、体調と肌は密接な関係があるので、見た目だけに気を取られず、内側からも磨きをかけるように大切です。年と共に、肌の潤いが減少し、キメは乱れ、シミやくすみは増えていく…。年齢によってお手入れ方法を変えないと追いつかないと実感します。加齢と共にお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず、どの年代でも1番の基本となるのが洗顔です。肌の表面には、皮脂や汗、雑菌などが付着しており、放置するとニキビや肌荒れの原因となってしまいます。肌表面の汚れを綺麗に落とさなければ、健康なターンオーバーに欠かせません。どれだけ頑張っても年々お肌が衰えるのは曲げられない事実です。

やってはいけないケアは肌状態を悪化させてしまうので、年齢による肌の移り変わりを理解しておくことは大事ですね。その時その時に応じたケアを行うことで、老化を少しでも食い止め、若々しい肌をキープするのがエイジングケアの真意です。40代では、ホルモンバランスが崩れ、肌のたるみやシワ、ほうれい線など、気になる所も益々増えます。潤いが減るので、保湿力の高いクリームなどを使い、保湿を益々強化することがポイントです。さらには、若い頃に比べて紫外線の影響を受けやすくなるので、シミやくすみを増やさない為にも紫外線対策は万全にしましょう。化粧品だけでは不十分と感じたら、体の内側からのケアも考えてみましょう。スキンケアの基本は洗顔と述べましたが、やみくもにこする洗顔ではなく、肌にとって大事な成分まで洗い流さない、優しい洗顔こそがポイントなのです。続いて、洗顔後に行うスキンケアへと話を移しましょう。

洗顔した後に行うお手入れは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど様々な種類があります。最近は全てが1つになったオールインワン化粧品も人気ですね。綺麗な肌を保つ上で重要となるターンオーバーについて、改めて説明しておきます。肌の細胞は表皮の奥にある基底層で生まれて、徐々に上層へと押し上げられます。最終的に角質となって、剥がれ落ちるのですが、サイクルをターンオーバーと呼びます。正常なターンオーバーは20代では28日程度です。ターンオーバーが早いのも遅いのもきれいな肌は作れません。毎日当然のように行っているスキンケアですが、自分に合ったケアでなければ、効果がないどころか負担になってしまうことをご存知ですか?

人によって、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など肌の状態は異なります。それに生活スタイルやストレス、年齢が原因で肌のコンディションを変化させます。そういった肌の変化をいち早く察知し、正しいケアをすることこそが、すべすべな肌を築くためのカギとなります。保湿ケアの基本は、水分を補うことと、逃さないこと。化粧水が水分の補給をし、乳液やクリームが蓋の役割をします。片方しか行わなかったり、バランスが悪いと、乾燥を悪化させてしまう事を、注意が必要です。

さらには、生活習慣が肌コンディションも影響を及ぼすので、乱れた生活を見直すにも良い時期ですね。肌メンテナンスとは、健やかで美しい肌を作るために行うケアの事です。洗顔などで肌を綺麗にし、化粧水などで潤いを与えるのが一般的なやり方ですね。一言にスキンケアと言っても、人それぞれ最適なケア方法は異なります。年齢によって肌がどう変化し、スキンケア方法について簡単にまとめてみました。洗顔後のお手入れは、年齢によって変えていくと良いでしょう。まずは、20代の肌ケア。比較的肌状態が良く、トラブルなども少ない20代は、自分の肌タイプを知り、正しいケアを学ぶことが最も重要です。肌は、水分と油分、この両方を必要とします。なので、皮脂の多い方でも水分を補う事を忘れてはいけません。多少ケアを怠っても影響の少ない若い肌ですが、若いうちから紫外線対策に力を入れておくと、後の肌に大きな差が出ます。25歳はお肌の曲がり角と言われており、この頃からお肌のトラブルが直面するかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、その先益々進んでいく年齢肌の始まりを告げているに過ぎないのです。年齢肌最大の悩みは「乾燥」です。この時期から正しい乾燥対策を行うことで、肌の老化がゆっくりになるでしょう。潤いが足りないと感じ始めたら、保湿を変えてみましょう。

保湿がうまく肌に浸透しない場合は角質がたまっているのかもしれません。一度ピーリングで表面の角質を落とすことで浸透しやすくなりますよ。おすすめはきらりのつくりかたというピーリングジェルですね。フルーツ酸不使用で肌にやさしいので安心して敏感な肌の方でも使用することが出来ます。ランキングでも1位を獲得されていますね。おすすめ⇒おすすめのピーリングジェルランキング

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *